ふうふ+はは+いぬ+ねこのくらし
ただいま2011ねんからいままでの
くうはくきかんを あなうめちゅう


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
パブリックコメントのお願い

 動物愛護管理法の改正に向けて
 国が動き出しました!( 8 月 17 日追記有り)




法改正の方向性を定めるために国民の意見を受け付ける
「パブリックコメント」の受付がはじまっています。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069

国民の側から国に、
動物愛護について意見を伝えられる機会は滅多にありません。
動物愛護管理法の改正検討は5年おきと決まっています。
この機会をのがすと、何年も改正を検討することができません。

今回は、動物取扱業の適正化についての意見募集ですが、
悪質ブリーダーが増える原因ともいえる
 8週齢未満幼齢犬猫販売禁止の規制もありますし

犬猫の繁殖制限措置
インターネット生体販売規制
移動販売規制
深夜の生体展示規制
犬猫オークション市場規制
などなど

犬猫処分問題にもかかわってくるような
重要な法案改正が多数検討されています。

ちなみに前回の5年前は、
“幼齢犬猫販売問題は8週齢以上”に決まると思われてましたが、
動物販売業界が組織的に反対意見を寄せて
【 反対約9,500 対 賛成約200 】
大差をつけられ法案化が見送られました(涙)!

今回ほど周知されていなかったとはいえ、
全国でとても多くの人たちが
不幸な動物たちの為に動いていると言うのに、
賛成がたったの 「200 票」だったとは
非常に驚きであり、残念な結果です。

目の前の動物を助ける事は勿論大切です。
大切ですが、国が変わらなければ、
いつまでたっても「殺処分」はなくなりません。

どうか「根本からの解決に向けて」、
皆様一人一人のお力を貸して下さい。

パブリックコメントの書き方は、
下記を↓参考にして戴ければ
そんなに難しいことではありません。
(バナーをクリックして下さい)

毎日の中でお茶を飲んだりする
そんなちょっとした時間を
動物たちの為に使って戴けませんか?

「あなたの」一票はとても貴重です。
締め切りは 8 月 27 日 。
是非意見をお送り下さい。


                                    

*パブリックコメントに関しては
 こちらのバナー制作もして下さった
 カプアン通信の「カプアンパパさん」が
 ブログで詳しく説明されています。

 8 月 3 日 〜 の 記事に
 非常に分かりやすく書いて下さっていますので、
 こちらも併せてご覧下さい。
 




[ 8 月 17 日 追記 ]

書き方が分かりにくいと言う声が多く聞かれた為、
「ちばわん」では簡単に意見書が作れる用紙を
ご用意致しました。
このページからダウンロード出来ますので、
より多くの方にお使い戴ければと思います。

ただ、こちらの「意見提出用紙」は、
添付ファイルにして
環境省にメールで送る事は出来ません。
お手数ですが、一度プリントしてから記入し、
意見提出先まで「郵送」
または「ファクシミリ」でお送り下さい。

使い方は、名前、住所、電話番号などを記入した上、
同意する □ 部分にチェックを入れて戴き、
「理由、その他の意見」欄に
自由にコメントを書いて戴きます。
特に意見のない場合は
 □ 部分にチェックを入れるだけでも結構ですし、
全ての欄に記入せず、
意見のある部分だけでも勿論構いません。

尚、今月 8 月 21 日に行われる
こちらのコーナーをご用意する予定です。
ご来場者様にアンケートの記入をお願いする他、
記入済みの用紙を会場にお持ち戴ければ、
ちばわんが責任を持って提出させて戴きます。


締め切りは 8 月 27 日。
動物たちの尊い命がかかっています。
どうかご協力の程、宜しくお願い致します。


 <意見提出先>
 
 環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
 〒100-8975  東京都千代田区霞が関 1-2-2
   FAX : 03-3508-9278


(写真:センターレポートより)




お知らせ - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>