ふうふ+はは+いぬ+ねこのくらし
ただいま2011ねんからいままでの
くうはくきかんを あなうめちゅう


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
人生のメッセージ


 
 2010年、私は旧ブログとこちらの間に、
 もう一つ「化学物質過敏症」をテーマにした
 別のブログを書いていました。
 
 それは、私自身が病気と診断されるまで
 時間がかかり過ぎて重症化したこと。
 当時は難病指定にもなっていなかった為、
 周囲の無理解から離婚に至るケースや、
 自殺者まで出ていることを知ったからでした。

 自分自身の体験と改善策が
 少しでも誰かのお役に立てたら・・・

 そんな気持ちで頑張っていたのですが、
 例の「癌もどき診断」を受けてから
 絶望的なこの事態を
 同じ病を抱える人に伝えることが出来ず
 そっとブログを閉鎖したのでした。

 
 「ごめんなさい」


 そう呟いてブログを白紙に戻す時、
 私には「皆さんに申し訳ない」と言う気持ちと
 もう一つだけとても気になることがありました。

 それはその数ヶ月前に亡くなった
 「父と私の最期の記録」。

 死に向う父に
 あまりにも不思議なことが続いたので、
 これを一人でも多くの人に伝えたくて
 当時少しずつ記事にしていました。

 実はその途中だった内容の中に
 とても大切なメッセージが含まれていたことに、
 最近漸く気付いたのです。


 持病を抱えたこと
 癌もどき診断を受けたこと
 預かりボラを再開したこと
 故郷で震災が起きたこと
 母が重い病気にかかったこと
 家に人が集まって来るようになったこと
 引っ越しがこの時期になったこと等々・・・


 なかなか受け入れることも
 理解することも出来なかった
 これらの一部と「父の置き土産」。

 今、全てが繋がって、
 人生のテーマが何であるか
 少し分かったような気がしています。




 父は私に何を言い残したか?
 二人のやりとりはどんなものであったか?

 次回のお話は、そこから始まります。
 
 
 

 
 
 

   ブログランキング・にほんブログ村へ
 いつもありがと



  






預かりボラ その背景 2 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>