ふうふ+はは+いぬ+ねこのくらし
ただいま2011ねんからいままでの
くうはくきかんを あなうめちゅう


大好きな人
 
 初めてその人に会ったのは、
 小学校3年生の時。

 犬に追いかけられて、
 怖くて助けを求めた家に
 彼女は住んでいたのでした。
 
 サラサラのおかっぱ頭がよく似合う、
 太陽のような人。

 数年後、偶然同じクラスになった時、
 私は「この人が自分の親友になってくれたら
 良いのに・・・」と切に願いました。

 病弱で平凡な私に、
 神様が「特大プレゼント」を
 くれたのでしょうか?

 クラスの人気者だった彼女と、
 その後、大の仲良しになることが出来、
 付き合いは今年で30数年を超えました。

 お互い結婚してからは、
 あちらのご主人の転勤と、
 私の病気が重なり、
 ここ数年はやや音信不通だったのですが、
 この春やっと彼女が戻って来て、
 先日久し振りに会う事が出来ました。

 人の悪口を言わない。
 自慢話もしない。
 ただただおかしなことを
 言い合って笑うだけ。

 子供の頃からの
 そんな屈託のない付き合いが、
 疲れた私に癒しを与えてくれます。

 もし人生の中で三つ
 素晴らしいことを
 あげなさいと言われたら、
 私は迷わずその一つに
 彼女との出逢いをあげるでしょう。

 裏表のない美しい心を持った、
 大好きで大切な、私の友達。



 そんな彼女の家にも
 今偶然白ポメがいて、
 今回は一緒にご来訪です。

 滅多に見られないルルドとの
 ツーショット。
 本日はこちらを記念に載せます。



 
 ポポ 「ルルちゃん、久し振り〜!」 
 ルルド「ポポちゃん、ようこそ!」


 
 
 ポポ 「あれ? なんか
     また大きくなったね!」
 ルルド「そぉ? 嬉しいなぁ〜」



 
 ポポ 「え? ルルちゃんは
     大きいと嬉しいの?」



 
 ルルド「うん。だってね、
     これはヒミツだけど
     ボク大きくなったら
     人間になるの。
     そしたらね、沢山
     ラーメン食べるんだよ。」



 
 ポポ 「ルルド君、どこでそんな話
     聞いたか知らないけど、
     犬はね、大きくなっても
     人間にはならないよ。
     ただの大きい犬になるだけさ。」
 ルルド「え・・・そうなの?」



 
 ルルド( ・・・ガ〜ン!!!
      パパの嘘つき・・・)



 
 ポポ 「どうかした?」
 ルルド「いや、そうだったら
     我慢しないで
     今ラーメン食べて来るよ。」

 


 
 
 私 「うちの子、おバカでしょう?」
 友人(いや、飼い主に似てるだけで・・・)


 ( 写真は30年前
   左が友人、右から二番目が私 )


 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
  ちゃんちゃん








 わこっぺぱんちゃん、伝言です!
 お話しした「西の魔女」の世界はこちら→
 きっと、ここに出て来るキッチンは
 私たちの夢の世界よ!

 ついでに、どんな時でも離れない
 ポポちゃんにぴったりの曲はこちら→

 お暇があったら覗いてみて!
 とっても可愛いの!   U^v^U






友達 - -
| 1/1 |