ふうふ+はは+いぬ+ねこのくらし
ただいま2011ねんからいままでの
くうはくきかんを あなうめちゅう


映画より恐ろしい現実 その5

 

 

 

 先日はごめんニャさい。

 あの後、このブログを書いて

 ママが慌てて玄関の外まで出たら

 またお隣さんから

 電話がかかって来たの。

 

 「酷い風邪声で随分咳もしてたから、

 万が一おばーちゃんに移ったら大変だし

 今は無理しなくてもいいですよー!」って。

 

 お隣さんは60代のご夫婦で、

 かなり遠いけど一応親戚でもあるから

 暫く病院に連れて行ってくれたり、

 お世話をしてくれるんだって。

 

 おばーちゃんは幸い

 骨折ではニャかったらしいけど、

 顔面と膝の損傷が酷く

 今は全く立てニャくて、

 お尻をずって歩いてるらしい。

 

 普通この流れだと、ホームを探すか、

 介護申請して自宅でのケアプランを

 お願いするんだろうけど、

 このおばーちゃんは元保健婦さんで

 医療のプロとしての自負があるから、

 ニャかニャかその流れには出来なくて、

 却ってママは困ってるの。

 

 ホームに一人

 家に一人

 東北に一人

 

 それぞれ通院も必要だし、

 それに家には

 

 

 

 病気持ちになった老犬ルルドと

 

 

 

 後ろ姿も可愛いけど

 

 

 

 ちょっとヨタヨタし始めた

 

 

 

 腎臓病のアタチがいるでしょ?

 

 

 

 

 

 ねぇママ、今度はどうする?

 

 

 

 アタチがお世話しに行きましょうか?

 

 

 

 

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

  色々脱線して

  すみません!

  もう猫の手も

  借りたい私です

  

 

 

 

 

日記 - -
映画より恐ろしい現実 その4

 

 

 今、東北のおばーちゃんの隣の人から

 「おばーちゃんが転んで怪我をしたから

 すぐに来て!」という連絡が入りました。

 

 ママは今週ずーっと風邪で寝込んでいて、

 今日やっと38度まで下がったところでした。

 半べそですが、どうやら行くつもりのようです。

 

 場合によっては今回長くなるかもしれないので、

 ボクも後から行くかもしれません。

 

 いつもごめんなさいだけど、

 更新ちょっと待っててね!(><)

 

 

 

 

 

 

日記 - -
映画より恐ろしい現実 その3

 

 

 

 先日の記事の最後の写真、

 怖かったですね〜

 

 まさか「あのデブ」が

 「ここのママ」だなんて

 それこそが

 「映画より恐ろしい現実」でしょう。

 

 ちなみにママの身長は

 164 なんだけど

 パパと出会った頃は、

 たったの43 でした。

 

 でも、ここ数年

 あまりに忙しくて

 ゆっくり鏡を

 見ることもなかったせいか、

 どんどんどんどん

 太っていって、、、

 

 だからパパが撮った写真を見て、

 自分の姿に愕然。

 

 「えー!!!私って、

 今こんなだったの〜!?」って驚いて、

 慌てて体重計に乗ってた。

 

 したらね 、、、

 

 

 

 

 いいえ。

 

 やめておきましょう。

 

 ここで恐怖の体重を

 言う訳にはいきません。

 言ったらきっと

 

 

 

 

 こーんな顔して怒られて

 ボクはおやつが

 貰えなくなってしまいますからね。

 

 

 

 

 テヘッ!

 

 こう見えてボクも

 「気を遣えるオトナ」になったんです!

 

 

 

 

 は〜 それにしても

 大変な3年半だったな〜

 

 実はここ数日、

 ママは何日もかかって

 時系列で写真を入れながら

 そのまとめを書いてたの。

 

 でも、全部書き終えて

 パパに下書きを見せたら、

 なんと!あっさり却下。

 

 それを読んでもらえたら

 この間何があって

 どうしてブログを

 更新できなかったか

 わかってもらえたと思うけど、

 パパは「どんなに配慮しても、

 それはよそ様の個人情報に

 関わることだからいけません!」って。

 

 だから、一言でざっくり書くね。

 

 ママたちはあれから、

 地域猫や多頭飼い飼育問題、

 そして事情で動物を

 飼えなくなるかもしれない

 と言う人たちや、

 周囲の様々な相談に

 対応していました。(><)

 

 

 

 

 パパ〜!

 このぐらいならいいんだよね。

 

 家族に関して言えばね、

 こちらも盛り沢山だったんだ〜(><)

 

 

 

 

 まず、一緒に住んでいる

 左のおばーちゃんは

 癌で入退院を繰り返し、

 家に戻っても

 沢山の持病があるから連日通院。

 

 真ん中の90代のおばーちゃんは

 パパのお母さんなんだけど、

 ある日ホームで倒れてしまって

 暫く危ない状態で、、、

 

 とうとう去年の暮れに先生から

 「もう覚悟して下さい」って

 言われたパパたちは、

 慌てて親戚たちに声をかけ、

 その対応に追われたり、

 同時にホームの片付けをしたりで

 とにかく大変だったの!!!

 

 

 

         ↓

 

 

         ↓

 

 

         ↓

 

 

 

 ま、それがこの玄関に置いた

 荷物なんだけどね、

 忙しいからずーっとこのまま。

 

 ママは「日通さんは

 親切丁寧で大好きだけど、

 暫くこの箱は見たくないなぁ〜!」って

 散々言ってた。

 

 後、更に先日もお話した

 東北のおばーちゃんもいるでしょ?

 そちらにも定期的に顔を出してたし、

 何かあればこの間みたいに

 すぐに駆けつけてたから、

 相当アップアップだったの。

 

 

 

 でも、そんな中 、、、

 

 

 

 シャキーン!!! 

 

 

 

 

 

 「ワタクシ、復活しましたの。」

 

 

 「だって、嫁のるるママが、

 まだまだ全然なってないんですもの。」

 

 

 

 

 う〜 出たな〜! 

 

 

 妖怪!!!

 

 

 「こ、こ、コラー!!!

 お義母さんのこと、

 そんな風に言わないのっ!」

 

 

 

 

 もうっ!動揺して、

 洗濯機まで壊れちゃったじゃないの〜

 (20年は使うはずでした 、、、 ><)

 

 

 

 以下、病院での出来事。

 

 

 

 姑「ちょっと、るるママさん?

   私の服、どこ?」

 

 

 ( えっ!? えーと、えーと、

 すごーく言いにくいのですが〜

 先生が、もうお亡くなりになると

 仰ったから、この間

 全部フリマに出してしまいました〜!!!

 だって、ホームに荷物を

 置いておくだけで

 月に15万円もかかるんですもの。

 キャ〜 !!! 気付かれる前に

 早く代わりを買ってこないと!!!)

 

 

 「ちょっと、るるママさん、

  あなたの買ってきたこの服ね、

  襟が1兮腓いわ。

  私、36僂ベストなの。

  わからなかった?」

 

 

 (わかるわけなーい! >< )

 

 

 「ちょっと、るるママさん、

  私、あなたが探してきた次のホーム

  気に入らないわ。

  悪いけどもう一度

  きちんと探して下さらない?

  私は常に新築が好きなのよ。」

 

 

 (忙しい中、これでも

  一生懸命探したんですぅ〜

  新築、近くにあるのかな〜?)

 

 

 「ちょっと、るるママさん、

  私、隣のあの人嫌いだわ。

  先生にベッドの移動、

  お願いして頂けるかしら?」

 

 

 (お義母様、

  そんなことばかり言ってると

  追い出されてしまいますよー)

 

 

 「ちょっと、るるママさん、

  あなたが買ってきたコーヒーね、

  私には苦すぎるの。

  これじゃないの

  早く買って来て。」

 

 

 (私は常に本物志向!と

  仰ってるから

  これにしたのですが、

  要するにコーヒー牛乳が

  お好きなんですね)

 

 

 「ちょっと、るるママさん、

  あなたやることが遅いわよ。

  私を疲れさせる気?」

 

 

 (いえ、そんなつもりはないのです。

 ただ一度の注文が、

 少し多すぎるような 、、、^^;)

 

 

 「ちょっと、るるママさん

  痛いよ、痛いよ。

  あなたが遅いから

  私待ちくたびれて、

  もうほら〜

  腰がすっごく

  痛くなっちゃったじゃないの!!!」

 

 

 (はいっ!すみません!!! ><;)

 

 

 

 「ちょっと、るるママさん」

 

 

 

 「ちょっと、るるママさ〜ん!」

 

 

 

 「ちょっと!!!るるママさーーーんっ!」

 

 

 

 

 

 こうして、元名古屋嬢 & 

 超お嬢様育ちの姑は、

 先生が舌を巻くほどの復活劇を遂げ、

 アホな嫁と

 散々お世話になった看護士さんに

 文句と悪態をつきながら

 次のホームに移動したのでした。(汗)

 

 

 でも。

 

 

 「映画より恐ろしい現実」は、

 実は私の体重の話でも、

 この妖怪、、、じゃなかった!

 素敵な姑の復活劇でもありません。(オホホ)

 

 

 

 

 そしてこの忙しい中、

 クレジットカード情報が盗まれて

 大泣きした件でもなく

 

 果ては、とっても疲れて

 田舎から戻ってきたら、

 家中の全ての自然素材の物が

 カビていた話でもなくて、

 

 

 (干しているの図)

 

 

 

  (風を通しているの図)

 

 

 更に言えば、先日母が転んで

 靭帯損傷している件でも

 ありません(><)

 

 

 では、何かというと 、、、

 

 

 

 

 ニャにかしら?

 

 

 

 何かというと、、、、

 

 

 

 

 

 ニャにかしら?

 

 

 

 

 ま、長くなるから

 今度にしましょう。

 

 

 

 

 

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 おしゃべりな私。

 話が長くて

 いつもすみません! 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記 - -
映画より恐ろしい現実 その2

 

 

「疲れた人〜!」

 

 

 

 

 はーい!!!

 

 

「この夏も、すっごく疲れた人〜!」

 

 

 

 

 はーい!!!

 

 

「人生に、とぉーっても疲れた人〜!」

 

 

 

 

 は 、、、???

 

 

 

 

 それは、多分ママだわ。

 

 

 

 

 だってあの人、

 あれから更に色々あって

 ずっと東北とこちらを

 行ったり来たりしていたんだから。

 

 

 

 

 いつもはアホでヘラヘラしてるけど

 さすがに今回は弱気になって

 「もうこの窓から逃げ出したーい!」って

 言ってたのよ。

 

 でも、絶対無理なの。

 だって、みんな大事な家族ニャんだもの。

 

 

 

 そんな訳で、

 只今電池切れでダウン中(><;)

 すこーしだけ寝かせてね。

 

 

 

 

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

デブのお見苦しい姿を

お見せしてすみません。

今完全に女子力がなくなった私は

どうやら東北に大事なウエストを

置いてきてしまったようです(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記 - -
映画より恐ろしい現実 その1

 

 

 お久しぶりです。ルルドです。

 

 

 

 

 アホのママが更新を怠っている間に

 可愛かったボクは

 ちょっとだけ老けてしまいました。

 

 

 

 

 お久しぶり。ジャスミンよ。

 女王の私はルルドと違って

 時の経過に負けたりしニャいの。

 

 

 

 

 だから相変わらず、こんニャに綺麗で

 

 

 

 

 ま、ちょっと照れるけど

 

 

 

 

 毎日パパの寵愛を受け

 

 

 

 

 アタチほどは綺麗じゃない花を

 

 

 

 

 こんな風に眺めながら

 

 

 

 

 毎日を快適に過ごしていたニャ。

 

 

 

 

 で、この間、何があったって?

 

 

 

 

 ん〜 ヒントはこの荷物かな?

 越してきて3年も経つのに、

 あまりにも色々ありすぎて

 なかなか片付かないの。

 

 

 

 

 事情を簡単にお話ししたいけど

 

 

 

 

 なんかパンが焼けたみたいだから

 

 

 

 

 ごめん。今度にするね!

 

 

 

 

 

   ブログランキング・にほんブログ村へ

 本当にお待たせして

 失礼しました(><)

 次回、この期間のことを

 簡単に?ご説明したら

 話の続きに戻しまーす。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記 - -
不思議な夢

 

 

 

祈っても、祈っても、心が晴れない日はあるようで、

最近の私は、少々鬱ぎ込むことが続いていました。

 

「起きてしまった最悪の出来事」を、

誰かに話したり、ブログに書く気持ちにはなれなくて、

この数ヶ月は「どうしよう、どうしよう」を繰り返すばかり。

 

 

 

 

新居に越してから続いた

家族の問題による異常な忙しさと、

個人では対応しきれないほどの相談案件は、

私たち夫婦の心身を疲れさせ、

とうとう昨年は狭心症の発作まで経験する羽目に 、、、

 

そんな中、勃発したこの問題。

今風に言うなら →「ありえないっしょ」(><;)

 

 

 

 

でも、今朝 夫と

「もうこの問題に立ち向かうのはやめよう」と決めて、

思い切り昼寝をしたんです。

 

 

 

 

すると、不思議なことに「ある猫親さま」から

とても素敵なメッセージが届きました。

その方は、夢の中にふわ〜っと現れて、

サラサラサラ〜と、こう書いたのです。

 

 

G ー ご無沙汰しています。

O ー お元気ですか?

O ー 応援しているから

D ー 大丈夫!!!

 

 

以前のやりとりで

「4月にはブログを再開します!」とお伝えしていたから、

きっと心配して下さっていたのでしょう。

(霊感が強くて、いつも以心伝心なのですよ。)

 

絵を描かれるのを本業にされている方だから、

お嫁に行った可愛い猫ちゃんたちの

イラストも添えて下さいました。

 

 

 

 

ムクムクムク

暗闇に光が射したようで、何だか少し元気が出てきました。

 

K さん、いつも本当に有難う!!!

 

そして、更新がない中、見に来て下さっていた皆様も。

 

私、今度こそ「自分時間」を確保しようと思います。

だから、もう少しだけお待ち下さいね。

 

 

 

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 いつもありがと

 

 

 

 

 

日記 - -
新年のご挨拶 & 近況報告
  


 今更ですが、明けましておめでとうございました(汗)。

 皆様、お正月は如何お過ごしでしたか?
 斯く言う我が家は、結局年末まで色々あった為に、
 結婚以来初めて、年越し蕎麦からおせちまで、
 全てデパートやスーパーのお惣菜に
 頼る状況となっておりました(恥)。

 滅多にテーブルには乗らない
 「珍しいお惣菜」は、妻の手料理よりも
 余程美味しかったのでしょうか?
 食べ過ぎた夫は、新年早々救急指定の病院行きとなり、
 またまたドタバタ劇となったのでした(泣)。

 で、そんなこんなが重なって、
 今久しぶりにこちらの投稿ページを開いたのですが、
 なんと画面に「3月末でこの旧エディターが
 使用できなくなります」と言うご案内が表示され、
 アナログ人間の私は、かなり途方に暮れております。

 と、申しますのも、昨年起きた不正アクセスで、
 パソコンのセキュリティーを強化してから、
 細かい使用方法が大きく変化し、一つ一つの作業に、
 とても時間がかかるようになってしまいました。
 また、こちらのジュゲムブログとの相性が悪くなったのか、
 今までと同じ操作をしても、
 なかなかその通りには動いてくれず、
 今日もここまで書くだけで、
 既に1時間以上もかかっております。(←単なる大バカ者?)
 なので、この先投稿方法まで変わってしまったら、
 きちんと記事が書けるのかどうか、
 もう不安でいっぱいでございまして 、、、(><;)

 こんな時、頼もしい息子でもいて
 つきっきりで使い方を教えてくれたらなぁ〜!
 な〜んて思っておりましたら 、、、













 誰?






 息子? 






 いやいや、ご冗談でしょ〜?
 (冗談のように、鍋にヤカンの蓋を入れてしまった!の図)





 まーさか!!!
 だって私 、もうアラフィフですよ。






 知ってますよ。
 て、ゆーより、見ればわかります。





 あっ そう? (^^;)






 じゃ、孫か?





 いや〜 だから私、
 子供すら産んでいませんから〜!






 みんなに教えちゃう?






 うん。





 
 言いにくいけど、あの子はママの従姉妹の子供なんです。
 訳あって、今家でお世話をしています。





 
 ハァ〜?





 
 年寄りが少し落ち着いたと思ったら
 今度は赤ちゃんだなんて 、、、

 
 


 
 な〜に考えてるんだか!
 アタチ、もう知〜らない!っと!!!






 
  ブログランキング・にほんブログ村へ
いきなりこんな報告でごめんなさい。
専業主婦の私、
あちこちからあてにされ、
もう完全にキャパを超えています ⤵︎










日記 - -
残念な一年


 誰です?
 かわいいボクを
 こんなにも登場させなかった人たちは。
 大体ね、ここの家は
 ちょっとおかしいんですよ。



 
 恥ずかしいから、顔を隠して言いますけどね、
 この一年、あまりに色々なことがありすぎました。




 まず最後の記事の後、
 ママはインフルエンザで寝込んじゃって、
 数ヶ月もダウンしていたの。

 そう、こんな風に。



 
 で、やっと治ったと思ったら、
 今度はパソコンに不正アクセスがあって、
 すぐに気づいたパパが
 慌ててセキュリティーを強化したら、
 今度は自分たちまで
 入れなくなっちゃったんだって!

 それに春からつい先週まで、
 東北の伯母ちゃんと、
 ここのおばーちゃんが、
 交互に病気になって
 ずーっと入退院を繰り返していたんだよ。

 だからママは
 あっちへ行ったり、
 こっちに来たりして、
 もうたーいへん!!!




 大好きな春の桜も
 ろくに見てないし



 
 冬にやるはずだった味噌作りも
 変な季節になっちゃって




 極め付けは
 毎年恒例の梅干しの仕込みだって、
 今年はパパが一人でやったんだよ!



 
 ママがいないと
 沢山収穫したハーブだって、
 ちーっとも活用出来ないし、



 
 もう散々




 アタチだってそうよ。
 こんなに暗い顔になったのは、
 ちっともかまってくれなかった
 ママのせいなのよ!



 
 しかも、たま〜に帰って来たかと思ったら、
 どこかの子猫の世話とかしてるしね!




 そんな訳で、
 なかなかブログも更新出来なくて、、、

 だからボクがママに代わって
 こうして手をついて
 土下座のつもりで謝ります。



 
 どーも、ちみまちぇん!



 
 ついでに女王のアタチも謝っときます。




 最敬礼で、ごめんなちゃい。



 
 ちょっとママー!
 謝ったから、早く来てー!!!
 卵落としている場合じゃないよ〜







   ブログランキング・にほんブログ村へ
 お陰様で、やっとなんとか
 落ち着いてきました(たぶん)
 長々お休みしてすみませんでした(汗)









日記 - -
子猫6匹と大型犬
 

 ー 前回からの続き ー




 次の日の朝。

 この日はちばわんから
 新たな保護犬を迎える日でもありました。
   6匹元気に目を覚ましたことを確認して、
 私たちは家路へと急ぎました。

 いえ・・・「急ぎました」と、
 言いたいところですが、
 急いだのは「気持ち」だけで、
 正確には元々視力が非常に悪い上、
 トイレが大変近い夫・・・
 ノロノロ ノロノロ
 ちっとも前に進みません(汗)。




 そこに持って来て
 子猫のミルクのお世話もあります。
 犬のお届け時間に間に合うのか、
 私は正直ヒヤヒヤでした。



 はやくぅー はやくぅー



 急いで〜 急いで〜





 「ピンポーン!!!」





 キャッ!!!



 こんばんはー おじゃましまーす!
 


 家に着いて数十分後、
 ちくわ様↑ご到着です(笑)。



 はいっ! よ、ようこそ!!!(ふぅ〜)
  


 事情をご存知だった搬送の Sさん、
 チャチャままさん、
 マルキーさんの時間的ご配慮で、
 何とか間に合わせることが出来ました。
 (皆様、その節はホンットーに
 有り難うございました!)


 さぁ、これで「役者」は勢揃い!?


 いえいえ、頑張ると誓った夏ですもの。
 この後どんどん「出番待ちの役者さん」が、
 登場することになるのです(笑)。

 
 でも、その前に・・・


 ここだけ読むと、「るるママさん
 一度に大変だったんだなぁ〜」と、
 思われる方もいるかもしれませんが、
 実はそうではないのです。

 この日、ちくわを迎えたからこそ、
 子猫たちは短い期間で
 良縁に恵まれたのですから。

 ベテラン搬送のSさんが
 この状況を見てすぐに
 ちばわんの猫担当さんに
 連絡して下さったのです。
 そして的確なアドバイスと、
 相当おかしな冗談、
 更には満面の笑みを残して
 帰って行かれました。

 

 ミーミー鳴く子猫たち



 緊張で糞尿にまみれた大型犬



 ともすれば、ちょっと
 泣きたくなるようなこの状況は、
 Sさんの魔法の言葉とご配慮で、
 とても楽しい瞬間に感じました。

 この子たちを通して、
 どんな出逢いがあるのだろう?
 明日からの「作戦」は
 上手くいくかしら?
 
 家の中をバタバタと走りながら、
 私の肩はクスクスと震えていました。
 



 
 
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 いつもありがと










預かりボラ その背景 2 - -
子猫を保護した帰り道
 
 ー 前回からの続き ー




 さて、「連れて行く」とは言ってみたものの、
 黒の2匹は既に弱っており、
 全ての命を繋ぐには
 どのような方法をとったら良いか、
 私は少し途方に暮れました。

 と言うのも、これまでも何度か
 子猫を保護したことがあったのですが、
 小さ過ぎたり、発見が遅過ぎたりで、
 上手く育たないこともあったからです。

 どんなに良いお医者様に診せたとしても、
 生命力のない子は生きられないし、
 手間をかけなければ絶対に
 親から離された子猫は死んでしまいます。




 今回は「超 人力」でいこう!
 そう決めて、私たちは車を走らせました。

 
 当初から、震災後の東北から帰る時は
 とても疲れているだろうと予想して、
 途中の佐野で一泊する予定だったので、
 私たちは一旦そこで降り、
 子猫用のミルクと哺乳瓶を
 売っているお店を探しました。

 幸いインターを降りてすぐに
 ホームセンターがあったので、
 そこで足りないものを調達し、
 ホテルのポットで
 すぐにミルクを作りました。

 どの子も、
 とてもよく飲んでくれて
 ホッと一安心!

 「これなら育ってくれるかも!」と、
 初めてその時、安堵しました。




 結局ホテルでは
 お風呂と朝食だけ
 お世話になることにして、
 その夜は子猫と一緒に
 車で過ごすことに・・・

 ミーミー鳴く声が
 やがてスヤスヤになり、
 またお腹が空くと
 大きな声で鳴き出して・・・




 数ヶ月前まで、
 持病のせいで守りにだけ入っていた自分には、
 その慌てふためくギャップがおかしくて、
 私はその野宿?を
 心から楽しんでいました。




 こんなに小さくても
 生きることに一生懸命な子猫たち。

 やわらかい身体
 温かいぬくもり
 キラキラした目

 元気を沢山もらった夜でした。
 

 
 

 
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 いつもありがと










預かりボラ その背景 2 - -
| 1/14 | >>